갈치스페셜

「食」で巡る韓国地方旅! 済州 〜四季折々の食材に出合う島〜

地方を旅する上で、意識するとより楽しくなるのが食材の旬である。

近年は冷凍技術の発達で、旬を外れてもいろいろなものが食べられるようになったが、せっかく産地を訪れるのであれば、一番おいしい時期を狙いたい。

カレンダーを眺めて、ちょうどあの食材が旬を迎えるから、あそこに行こう、と思えるようになれば、地方旅行の楽しさもぐんとアップする。

済州島をいつ訪れるべきか

삼성혈
탐라(耽羅)国の始祖が生まれたとされる삼성혈(三姓穴)

朝鮮半島の南に浮かぶ제주도(チェジュド)(済州島)は韓国最大の島である。かつては탐라(タムナ)(耽羅)と呼ばれた独立国で、本土とは異なる独自文化を育む地である。

南海のリゾート地という側面もあり、一昔前までは韓国で新婚旅行というと、まずどこよりも済州島だった。

有名観光地だけあってどのシーズンもにぎわうが、個人的には菜の花の咲き乱れる春を一番おすすめしたい。この時期は菜の花だけでなく桜も咲いて麗しく、気温も上がって過ごしやすい。ゆったり旅行をするにはぴったりの季節だ。

そんな春から夏にかけて済州島で食べたいのが(メル)(カタクチイワシ、標準語では멸치(ミョルチ))である。春になるとあちこちの飲食店で、「멜튀김 개시(メルトゥィギム ケシ)(カタクチイワシの天ぷら始めました)」と貼り紙を出す。

丸ごと衣を付けて揚げたカタクチイワシは、ほくほくとして、身も肉厚だ。味付けは少量の塩のみ。口に放り込む手が止まらない。

カタクチイワシの天ぷらだけでなく、멜조림(メルチョリム)(カタクチイワシの煮付け)、멜국(メルクク)(カタクチイワシのスープ)もおいしいが、カタクチイワシの天ぷらのおいしさは一枚上を行く。

멜튀김
アツアツほくほくがおいしい멜튀김(カタクチイワシの天ぷら)

春以外の季節も捨て難い

자리물회
氷も入れて涼やかさを楽しむ자리물회(スズメダイの冷や汁風の刺し身)

一方、夏が本格化してくると漁師料理の물회(ムルェ)(冷や汁風の刺し身)がおいしくなる。

刺し身を冷や汁風に仕立てた料理で、本土でも各地の港町で作っているが、済州島の夏は한치(ハンチ)(ヤリイカ)、해삼(ヘサム)(ナマコ)、자리돔(チャリドム)(スズメダイ、자리(チャリ)とも呼ぶ)などが登場する。氷の浮かぶキンキンの冷や汁風の刺し身を味わうと、南国ならではの爽快感があふれてたまらない。

暑さを乗り越えて秋から冬にかけては、特産品の감귤(カムギュル)(ミカン)が旬を迎える。

早生種の황금향(ファングミャン)(黄金香)というブランドは10月から出始めて1月ごろまでが旬。一番人気の천혜향(チョネヒャン)(天恵香)は12月~3月が最盛期だ。

いずれもブランドミカンとして結構な値を付けるが、食べると驚くほど糖度が高く、水分量も多くてジューシー。市場に行けばずらりと並んでいるので、これはぜひとも購入してほしい。

서귀포의 귤
ミカン栽培は南部の서귀포(ソグィポ)(西帰浦)で盛ん

また、寒い時期は고등어(コドゥンオ)(サバ)、전갱이(チョンゲンイ)(アジ)といった青魚が脂を蓄えておいしくなり、마라도(マラド)(馬羅島)沖で獲れた天然の방어(パンオ)(ブリ)も流通する。獲れたての魚に舌鼓を打つなら、やはり寒い時期に軍配が上がるだろう。

ということで、どの季節もそれなりの良さがあり、正直なところ甲乙つけがたい。済州島という島が、豊かな食文化を持っていることの証明でもある。

悩みに悩んで1つ推薦

갈치 스페셜
店自慢の갈치 스페셜(タチウオスペシャル)。4人前ほどの量

そんな島の食文化から、旬の象徴として、今回は特に갈치(カルチ)(タチウオ)を紹介しよう。

タチウオは全国的によく食べられている大衆魚で、多めの油で表面をカリッとさせた갈치구이(カルチグイ)(焼きタチウオ)や、갈치조림(カルチジョリム)(タチウオの煮付け)が有名だが、そんなタチウオを갈치회(カルチフェ)(タチウオの刺し身)で食べられるのはやはり産地ならでは。

釣れたての新鮮なものをさばいてもらうと、ピシッとした身の中から、意外にもしっかりとした脂のうま味がにじみ出てきておいしい。

島内では比較的どこでも食べられるが、景勝地として名高い성산일출봉(ソンサンニルチュルボン)(城山日出峰)の麓にある「전망좋은횟집(チョンマンジョウンフェッチブ)(眺めのいい刺し身店)」という店が素晴らしかった。

名前のとおり、店内から海を眺められるだけでなく、テラス席からは城山日出峰を間近に望む。それだけでも十分に感動的な店ではあるが、それ以上に聞いてうなったのが、自前の漁船でタチウオを釣っているとの話であった。

一番のおすすめは「갈치 스페셜(カルチ スペショル)(タチウオスペシャル)」。タチウオの刺し身、焼きタチウオ、タチウオの煮付けの他、ぶつ切りの身をカボチャなどと煮込んだ갈치국(カルチックク)(タチウオスープ)のセットだ。

ずらりと並んだ姿は壮観。中でもぴかぴかと輝く皮付きの刺し身は、銀肌が鮮やかで、かつて見たことがないほどの鮮度であった。

タチウオは、店では通年で扱っているものの、一番おいしいのは12~2月とのこと。これだけ見事なタチウオに出合えるのであれば、それは敬意を払って一番の時期に出掛けるべきであろう。

<お店の情報>
전망좋은횟집&흑돼지 성산본점
제주특별자치도 서귀포시 성산읍 일출로 248
TEL:+82-64-784-1568
営業時間:12時~22時(年中無休)

(写真提供:八田靖史)

この記事が掲載されている書籍

韓国語学習ジャーナルhana Vol. 09「『食』の韓国語/韓国語の翻訳者になる!」
韓国語学習ジャーナルhana Vol. 09「『食』の韓国語/韓国語の翻訳者になる!」
著者:hana編集部
定価:1518円(本体1380円+税10%)
SHARE

韓国語講座を探すLesson